営業時間・定休日
営業時間

9:30-19:00

 
定休日

毎週火曜日、毎月第2・第4水曜日、GW、夏期、年末年始
※2017年11月から第2・第4水曜日も営業致します。

 
電話番号

026-285-6688

 
 
住所

〒381-2215

長野市稲里町中氷鉋457

スタッフブログ

   
2017/11/20  ショールームダイアリー  セールス 小林 彩花
FIAT乗るなら、今でしょ!
小林 彩花 / コバヤシ アヤカ
[セールス]
 

こんにちは、小林です(^^)
今日は多くは語りません!

あのフィアットに金利なしで乗れる!?
驚きの企画が登場…!

0%が気になってしまったら
ショールームへお越しください!!(*^^)v
 
   
2017/11/19  ショールームダイアリー  ショールームアテンダント 花川 由里子
お土産
花川 由里子 / ハナカワ ユリコ
[ショールームアテンダント]
 

研修の様子をブログでご紹介すると共に、お客様から「イタリアはどうでした?」とお声掛けいただきお話することも多いです。

 

そんな中、昨日は・・・

 

ヴェネチアやフィレンツェに行かれたK様より、オススメいただきましたダ・ヴィンチ・コードシリーズの小説「インフェルノ」!

 

フィレンツェが舞台ということで、読むのが愉しみです♪

 

K様、ありがとうございます。

海外旅行がご趣味のF様。

 

今回、アメリカはユタ州等まわられたそうで、チョコレートのお土産をいただきました。

 

文化、習慣の違いで驚かされたこと・・・いつも愉しいお話をありがとうございます^^

 

また、お話聞かせてくださいね!

  

F様、いつもお気遣いいただきありがとうございます。

 

 
   
2017/11/19  ショールームダイアリー  ショールームアテンダント 花川 由里子
街のクルマたち
花川 由里子 / ハナカワ ユリコ
[ショールームアテンダント]
 

ウフィッツィ美術館食事ABARTH本社・・・と紹介してまいりました。

 

最後は、そんな芸術や食を愛するイタリアの街に馴染むイタリア車たちをご紹介いたします。

 

イタリアは燃料が高いのでディーゼルの他、ガスを使用したエンジンの普及が進んでいるようです。

 

Pandaが多いのは、一時期、エコカー施策等で低価格になったからだそう!

こちらのPandaは教習車!
 
   
2017/11/18  ショールームダイアリー  セールス 八木 尚江
ちっちゃいパンダ
八木 尚江 / ヤギ ナオエ
[セールス]
 
ちっちゃいパンダ。

めちゃくちゃ可愛い上野動物園のシャンシャンのことじゃないです。

このパンダちゃんのことです。
良いお天気だったのでお散歩に連れ出してみました。

私の用事が済んで、「お待たせ~」と戻ってきたときに思わず「ちっちゃ!」と口に出てしまいました。

おかしいですね、いつも見ているはずなのに。

駐車場の白線にすぽっと収まる後ろ姿がそう感じさせるのでしょうか。


考えてみたら、500と同じプラットフォーム。

ものすっごく砕いた言い方をしてしまうと、「土台が一緒で上のデザインが四角か丸かの違い」です。笑


そのパンダちゃん、今限定車が登場しています!

町中も山道も元気いっぱいに走ってくれる四駆モデルです。

ツインエアのエンジン&マニュアルミッション&四駆という聞くだけでワクワクする組み合わせ♪

デビューしたばかりですが、すでにご成約いただいたお客様もいらっしゃいます!

というわけで現在展示車はないのですが、在庫車は確保しております。

お早めにお問い合わせください!

ちっちゃいパンダちゃんと一緒に遊びに行きましょう^^
昨日はMiTo&500オーナーのM様からかわいいプレゼントをいただきました。

ミルクティー味のプリン、美味しかったです^^

いつもありがとうございます!
 
   
2017/11/18  ショールームダイアリー  ショールームアテンダント 花川 由里子
アバルト本社視察
花川 由里子 / ハナカワ ユリコ
[ショールームアテンダント]
 

本来の目的である、FCA関連施設視察の様子をご紹介いたします。

 

こちら、アバルト本社にて。

 

正面入口には、モータースポーツ部門で輝かしいタイトルを獲得してきた象徴となる一部のトロフィー、そしてアバルトブランドの理念が掲げられています。

 

『695 RIVALE』

 

ラグジュアリーボートメーカーRIVA社175周年の限定モデル。

 

濃紺とグレーのツートンで境目に水色のライン入り・・・海に行きたくなるような爽やかさをコンセプトに誕生しました。

『ABARTH 124 SPIDER RALLY1800』

『ABARTH 750 RECORD BERTONE』

カルロ・アバルトさんがリンゴダイエットしたきっかけとなったモデルです。

 

『FIAT ABARTH 1000 MONOPOSTO RECORD』

『TATUUS ABARTH FIA F4 2014』
手前から『695 BIPOSTO RECORD』、『695 YAMAHA 1.4TURBO T-JET 165HP』、『595C Competizione』

『ABARTH 124 RALLY』 

 

Performance...300HP/6500rpm

歴代モデルから、特別なチューニングが施されたモデルまで・・・技術力の証明のように展示されておりました。

 

写真はここまで・・・

 

この先、工場内部は情報技術の漏洩を防ぐため、カメラにシールを貼っての入場。

 

通路も決まった位置ですし、制限されながらの見学となりましたが、ABARTH CLASSICHE(レストア)部門ではクラシックなレーシングカーも拝見できました。

 

生産終了の部品を一から作り、蘇らせるまで1年以上かかる場合もざらだそう。

 

ランチアとの関係も密であったことから、ランチアのヴィンテージも持込可能とのこと。

 

お見せ出来ないのがとても残念ですが、こういった情熱は現代のモデルに受け継がれているのを感じます。

 
2017年11月(21件)
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ページ上部に戻る